ギルドレベルについて

ギルドレベルについて

ギルドレベルについて

各ギルド(諜報、鍛冶、図書、印術、戦術)に勧誘したキャラクターを配属することである一定の人数になるごとにレベルが上がる。

 

レベル 10
必要人数

2
(合計2)

3
(合計5)

4
(合計9)

5
(合計14)

6
(合計20)

7
(合計27)

8
(合計35)

10
(合計45)

15
(合計60)

 

諜報

LV 効果

各地へギルドガールの配置

バトルの獲得タレントボーナス+10%、エネミーインフォメーション通知

バトルの獲得タレントボーナス+20%、ギルドガールのサポートアイテム追加

バトルの獲得タレントボーナス+30%、ギルドガールのサポートアイテム追加

バトルの獲得タレントボーナス+40%、特定種類の敵出現数制御

バトルの獲得タレントボーナス+50%、各地へサポートボックスの配置

バトルの獲得タレントボーナス+60%、敵全体の出現率制御

バトルの獲得タレントボーナス+70%、ギルドガールの休憩サービス開始

バトルの獲得タレントボーナス+80%、高危険度モンスターの出現誘発(そもそも誘発しないと出現しないモンスターがいる?ラルヴァプリンセスなど)

10

バトルの獲得タレントボーナス+90%、ギルドリンクによる支援強化

 

鍛冶

LV 効果

開発可能装備追加(ライトソード、バックラー)
宿泊時のアイテム自動修理サービス開始

開発可能装備追加(ハンドアクス、ガードスピア、オーバーガード)
+図書LV5必要装備(蒸気式実包砲)

開発可能装備追加(石太刀、チェーンメイル)

開発可能装備追加(バトルアクス)
+図書LV5必要装備(蒸気式実包砲・改)

開発可能装備追加(竹槍兎丸、メタルキャップ、ブリガンディン)
携帯用リペアキッドの販売(宿泊しなくても破損品を1つ修理できる。)

開発可能装備追加(スティールハート、蒸気式長砲身)
+図書LV5必要装備(ガントレット)

開発可能装備追加(降魔の利剣、ウォーロード、スカイライナー)
+図書LV5必要装備(ウォーロード、スカイライナー)

開発可能装備追加(蒸気式高圧砲)
+図書LV5必要装備(クィックシルバー、シルバーグローブ)

開発可能装備追加(ブラックアーメット)
+図書LV5必要装備(エクシードナイフ、鬼神の大剣)

10

開発可能装備追加(ブラックチェイル)
+図書LV5必要装備(ズルカルナイン、幻月弓)
高性能リペアキッドの販売(宿泊しなくても破損品を全て修理できる。)

 

図書

LV 効果

各種図鑑の観覧

人物情報の収集

地図の現地販売

新サポートアイテムの現地販売

鍛冶ギルド、印術ギルドへの図鑑情報提供 ※鍛冶、印術の開発できる装備が増える。※その装備を持っていること

戦闘へのモンスター分析情報の反映。※ダメージの軽減。

ロストコデックスの解読 ※印術「崩壊印」の販売

戦技、印術情報の戦闘適用 ※ダメージの増加。

図書カードの販売 ※バトル中に使うとモンスターの分析などが上昇する。

10

情報統合学の確率

 

印術

LV 効果

基本印術、装備の販売(守りの印、護印手袋、術士靴)

開発可能な印術、装備の追加(破魔の石弾、印術帽、術士服)

開発可能な印術、装備の追加(解毒の印、マスターローブ)
+図書LV5必要装備(ウェザーリポート)

開発可能な印術、装備の追加(加護の印、ハイグローブ、ドクターブーツ)

開発可能な印術、装備の追加(平穏の印、ウィザードスタッフ)

開発可能な印術、装備の追加(石牢破り、コマンダースタッフ)

開発可能な印術、装備の追加(奇跡の印、サークレットフード、セイントブーツ)

開発可能な印術、装備の追加(再生の印)
+図書LV5必要装備(術戦士の杖)

開発可能な印術の追加(印術結界)

10

開発可能な印術、装備の追加(護印ガルドラボーク)
+図書LV5必要装備(陽光の杖)

 

戦術

LV 効果

陣形の編成、作成

ポジション追加(レイド、ガード&ガン、レイドオフ)

戦術策「技術封印」 ※覚えた技を封印するとその戦技の他の技の威力アップ ※印術レベル3も必要

ポジション追加(ディレイド、ターンオーバー、リカバー)

戦術策「リーンフォース」 ※ファイナルストライク時に同じポジションのキャラがいると威力アップ

ポジション追加(ストライク、トーチカ、アフターケア)

特殊陣形開発(EXファランクス)

ポジション追加(プレス、マッチアップ、ブレーク)

特殊陣形開発(アントラープレス)

10

戦術策「エキスパート封印」 ※封印ボーナスが増える。 ※印術レベル3も必要